unnamed.png
  • 不妊治療の無料相談
  • 不妊治療の実績
  • 当店が推薦されました!
  • 東洋医学の診断方法
  • よくある質問
  • ひなたブログ
  • お喜びの声
  • 妊活が成功したらこちらへ! 女性・子ども専門鍼灸院 はり・アロマのお店ひなた
店舗外観

住所
大阪府東大阪市菱屋東1-10-6

TEL
072-962-8911

アクセス
近鉄奈良線若江岩田駅から徒歩6分

近鉄若江岩田駅からの道順

受付時間
AM10:00~PM5:00

営業日
火・水・金・土・日曜の午前

HOME > 東洋医学の診断方法

東洋医学の診断方法

鍼灸とは?(少し難しいので、妊活治療で大事なことは?まで飛んでもらって大丈夫です(^-^))

鍼灸による治療を東洋医学や伝統医術などと言います。

この、医学に関するもっとも古い書物は3000年ほど前に書かれています。

その後も、さまざまな書物が中国や韓国そして、日本でも書かれました。それはそれは膨大な量です。


鍼灸に携わる治療家は、古い書物はもちろん、それ以降の書物も勉強しています。また、現代の西洋医学の勉強ももちろんしています。


しかし、いくら勉強しても、研究しても3000年という歴史がある以上、尽きることはありません。


でも、あらゆる病気に効果があるという臨床事実は、WHO(世界保健機関)も認めています。鍼灸治療はとっても奥が深いものなのです。


鍼灸での体質とは?

不妊センターの鍼灸は東洋医学を使い、お体全体を見て体質改善を行います


特にお子様が授かりにくい体質に、
「血」
の問題をお持ちの方が多いです。

この体質の方は少し時間がかかりますが、大丈夫‼︎

Hinataの鍼灸で体が変わらなかった方はいません!

気・血・水(津液)とは?

気・血・水(津液)
気(き)とは?

気というのは、「元気」の気、「気分が良い」の気のことです。
目には見えない、「生体エネルギー」あるいは、「病気に対する抵抗力」とも言えます。

又、「自律神経の働き」と考えても大きな間違いではありません。
不眠、イライラ、不安感、動機、気鬱などの不定愁訴や、食欲不振、便秘、下痢、腹痛、胃痛などストレスが原因でおこる病気や、疲れやすい、息切れなどの疲労から来る病気にも効果があります。

血(けつ)とは?

現代で言う、「血液」や「ホルモンの働き」のことだと言えます。
血が少なくなった状態だと貧血や低血圧になり、冷え症や不妊症の最大の原因となります。
鍼灸治療により、血が多くなれば冷え症が治り妊娠しやすくなります。

又、血が循環が悪くなり、停滞した状態では、皮ふ病、難病、婦人病などが起こりやすくなります。
鍼灸治療は、血液に循環を盛んにし、筋肉の疲労も取ることができます。また、ホルモンバランスも良くなるため、全身の調整としては万能です。

腰痛、肩こりなど筋肉から来るもの、坐骨神経痛などの各種神経痛、顔面神経麻痺、高血圧症などにも効果があります。

水(すい)=津液(しんえき)とは?

津液とは現代で言う「リンパ液などの体液の総称」です。

水分代謝が悪くなると、いろいろな病気になります。
例えば、肥満の方で水分が原因になっている方もいます。
足のむくみ、こむら返りなども水分代謝が悪いことでおこります。

逆に、少なくなってしまうと、乾燥症状を出し、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などになりやすくなります。


体の中の上記の三つがそれぞれ関わり、体を日々作っていると考えます。
そして、これらの過不足を鍼灸で正しくしてあげます。

 


肝・心・脾・肺・腎とは?


肝・心・脾・肺・腎

 

東洋哲学の中に、「五行説」という考えがあります。
すべての事象を5つの要素に分けて考えることができる、という考えです。

始まりは、春秋・戦国時代だと言われています。

その基礎となるのが、「・水」という、自然の中にある物質です。
その性質は、人間の体も例外なく当てはまっています


肝→木/心→火/脾→土/肺→金/腎→水という、関係になっています。


これは、周時代(紀元前700年前後)から存在する陰陽論と合わさって、「陰陽五行説」となりました。
このシステムは、森羅万象を説明できるものとして、現在までしっかりと残っています。


肝・心・脾・肺・腎には、それぞれに役割があり、
相手を生み出したり(相生関係)相手を抑制したり(相剋関係)して、上手にバランスを取っているのです。


現代の医学の臓器の名称とは少しだけ意味合いが違ってはいますが、
この時代に五行説での体の働きがほぼわかっていたことには驚かされるばかりです。

  • 肝:血を蔵し、発散もする。筋肉、爪、目と関係が深い。
  • 心:気血を全身に送り出す。舌、脈、顔を関係が深い。
  • 脾:気血津液を作る。肌、口唇、四肢と関係が深い。
  • 肺:気を蔵し、水をめぐらす。鼻、皮毛と関係が深い。
  • 腎:精、津液を蔵す。耳、骨、髪と関係が深い。

上記のように人それぞれには生まれ持った体質があると考えます。
無理をしたり、不摂生をするとこの体質が違うものになったり、歪んだ方向に向かってしまいます。


それにより、妊娠の力が体を治す力に常に回ってしまうと
不妊になってしまうとひなたでは考えます。

これを、鍼灸で正しい方向に向かわせることで、自然妊娠を叶えることが可能になります!

 

 


妊活治療にとって大事なことは?

このように、鍼灸治療は様々な病気に効果があります。


ただし、病気を治すということではなく、
あなた自身の力=抵抗力・自然治癒力をつけて、病気に打ち勝つ体を作っていく医療なのです。


ですので、お子様が今なかなか授からなくても、
何かそれを邪魔する体の不調があると考えて、いろいろな策は打てるのです。


あなたの妊娠の力を最大限に発揮できるよう、全力を尽くしますので、一緒にがんばりましょう!

 

 


不妊治療にとって大事なのは、
あなたの体をしっかり本来の体質に戻し
それをさらにアップさせることです。
20141019_(350).jpg

・あなたのお腹はふんわりふかふかしていますか?

・あなたの足はすっきり、ほっそりむくみ無しですか?

・あなたのお肌の色はまだらではなく、
            キレイな色をしていますか?



これらが、全てそろった時からやっとチャンスが巡って来ます。


もし、上記のようなお体でないのなら、体外受精などは一度休憩して、
あなたの体の声を聞いてみるのがオススメです(^-^)


Hinata不妊センターでは、どんな鍼灸をしているの?

ひなたの鍼灸に使う道具

 


ひなたの鍼灸は、体の表面のみを刺激します。

妊活治療にぐりぐり揉みほぐしたり
ブスブスさしたりする必要はありません。


とっても軽い刺激で大丈夫なんですよ。

 

はりを「刺す」ということは、
あなたの敏感なツボの位置を超えてしまうことがあります、
そのため、ツボの効果が最大限に発揮できません。

 

20141019_(599).jpg

 

 

このような細い「金」で出来た棒を体に当てて、感じないくらいの刺激を与えます。




女性の体は敏感です。

 

弱ければ弱いほど、刺激を吸収しようとしてくれ、体の「気」や「血」などが活発に動き出します。


この刺さない治療は行っている鍼灸師が少なく
当店のはりを受けると他は受けられなくなるという方が多いです。


西洋医学では、なんだか結果がうまくいかない、、、
という方は、一度ひなたの鍼灸を受けてみませんか?(^-^)


このページのトップへ